写真で稼ぐ

AdobeのIllustrator 2020に起きた不具合(アップデートが途中でとまる。アイコンが消える)とその対処法。フォトストック(PIXTA&Adobe)にzipファイルで投稿ができない(使用環境Windows10)

Adobe Illustrator2020になってからかつてない不具合やトラブルに見舞われているmimiの不具合発生状況の記録と解決法。PIXTAやAdobe Stockなどのフォトストック投稿に非常に大きく影響したので、同じ不具合に悩んでいる人のためにどのように解決したかを書いた記事です。

2020年6-7月のIllustratorにまつわる不具合:アップデートが完了しない。アイコンがスタートボタンから消え去った

6月末のAdobe Creative Cloudのアップデートで、Illustrator2020やフォトショップがアップロードの途中で終わり完了できない現象が起きました。(他の人にも起きており、その方もWin10の使用者でした。)

Adobeのアップデートがあってから、少し遅れてパソコン画面のスタートボタンからIllustratorのアイコンが忽然と消えました。

ここで、Adobeのサポートセンターに連絡。

他のソフト(抗ウイルスソフトのNortonなど)が原因ではないかとAdobe側から指摘されましたが、2019年12月から新しいソフトを導入していないことと、また、Nortonを一時停止してもまったく問題が解決されなかったことから、やはりAdobe側の問題ではないかということを伝えました。

解決法:

最終的にとった行動はAdobe Creative Cloudの全アンインストール。

今回はこの作業によって正常に動きました。

不具合が実際発生し始めてから、パソコン画面のスタートボタンからイラストレーターのアイコンが消えるまでにタイムラグがあったため、その間イラストレーターを使うことができたのですがそのときに作ったイラストは全部ダメになり廃棄となりました。すごくショックでした。

また、今回手動で C ドライブにあるファイルを逐一削除していったのでかなり大変でした。

つまり Windows の設定画面からAdobe creative cloud アプリをアンインストールをしただけでは駄目だということです。

サポートセンターにAcrobat Reader(私が使っているのは無料の読み込み専用のものです。)などのAdobe製品もすべて消去するように言われました。(難しいことなのですが、すべてと言っている割には削除しなくてよいファイルもあったので、自分だけの判断だけで削除しない方がよいと思います。)

ですのでこのような症状が出た場合はサポートセンターに連絡することをオススメします。チャットの方が比較的よく繋がるようです。またアップデート直後は連絡が集中する傾向があります。その日のうちにつながらない場合は、別の日に連絡してみてください。

ミニ知識:サポートセンターは平日しか開いていないので土日に連絡を取ることはできません

2020年8月のIllustratorにまつわる不具合:先月と同様と解決法

8月にも同様の不具合が起きました。Adobe creative cloud のアップデートはだいたい月1であるみたいですが、パソコン画面にAdobeのアップデートのお知らせを見た時に先月のこと思い出して嫌な予感がしました。

私の予感は的中し、先月と同じ症状が出ました。今回はイラストレーターだけの不具合でした。

解決法

アップデート直後にサポートセンターに連絡しましたが全く連絡が取れなかったので、試しにイラストレーターだけをアンインストールして再インストールしました。今回はそれで正常に動き出しましたが、不具合が起きている時に作成したイラストはまた全部駄目になりました。

 

起きた問題と解決法を数日後にサポートセンターに連絡し、 アップデートにより作成したイラストが全部駄目になり、毎回アンインストールと再インストールをしないといけないのは精神的にも時間的にもかなり厳しいということを伝え、アップデートしなくても良いかを聞いたら大丈夫だと言う答えをいただき手動でCreative Cloudのアップデートをオフにしました。

 

2020年9月のイラストレーターにまつわる不具合:フォトストックに ZIP ファイルが投稿できない

2020年9月12日に気付いたフォトストック(Adobe StockとPIXTA)に投稿する上での不具合です。 特にPIXTAでは、JPEG ファイルと EPS ファイルを ZIP ファイルにして投稿するのが決まりなのですが、 zipファイルがアドビストックでも PIXTA でも受け付けられないという症状が出ました。ちなみにEPSとjpeg単体はAdobe Stockに投稿できます。

 

この不具合が発生する一週間前の9月5日にイラストレーターを使って両フォトストックに投稿していましたが、その時は全く問題はありませんでした。

実は12日の前日の11日に Windows のアップデートがありました。(この時も少しいやな予感がしましたが・・・・)

なのでWindows のアップデートが原因ではないかと思い、昔(2019年)に作ったベクター画像(EPSファイル)を  ZIP ファイルにして投稿してみましたが全く問題なし。

Adobe のアップデートは自分で手動で先月停止させているので、どうやらこれはWindowsのアップデートが関係しているようだという結論に達しました。

解決法

試しに別の OS(ReNa X.) で ZIP ファイルを作って投稿してみましたが、 なんとこれは上手くいきました。

9月12日以来 Windows 10で ZIP ファイルを作ると アドビストックにも PIXTA にもファイルを受け付けてもらえないのです。

家にはたまたま 別のOS ReNa X.)があったから良かったのですが、 Windows10 と AdobeのIllustrator2020の相性がかなり悪いと考えられます。

Windows側が修正してくれない限りは問題は解決しなさそうです。

 

イラストレーター2019では全くこうした不具合は見られませんでしたが2020年の6月からは 毎月不具合が起こっています。

毎月起こるトラブル回避のためにした方がよいこと

2019年版のIllustratorを使うことをおすすめします。

私は2020で作ってしまった素材が多すぎるため、Windows以外のOSでZipファイルにすることにしました。

 

mimi
AdobeにしてもWindowsにしても問題に関する情報が少なすぎます。 特に最近起こった不具合については探してもほぼ情報が出ていないことがあるので、同じ状況の人がいたと思えば少し安心できると思いこの記事を書きました。

-写真で稼ぐ
-, , ,

© 2021 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5