リカバリーウェア 買ってよかったもの

【何が違う?】TENTIALのBAKUNEとBAKUNE DRYの違いをわかりやすく解説!答えは着る季節、生地(綿混 vs 化繊、保湿 vs 速乾)が違う。

TENTIALのBAKUNE(バクネ)とBAKUNE DRY(バクネドライ)の違いを写真付きでわかりやすく解説します。

 

mimi
BAKUNEとBAKUNE DRYは何が違うか私も最初わからなかったので、この記事を読めばわかりますよ!

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いをまとめると下の表のようになります。

BAKUNE

(画像:楽天公式)
・綿混(綿約60%)
・保湿性があり暖かい
・夏以外の季節用
・首元がつまっている
・男女兼用のみ
BAKUNE DRY

(画像:楽天公式)
・ポリエステル製
・速乾性に優れる
・オールシーズン着用可
・夏に快適
・首元がゆったりしている
・女性に特化したボディラインがきれいなBAKUNE DRY LADIESもある
・長袖、半そでが選べる

↓綿混のBAKUNE(男女兼用)(本人着用、女性)夏以外はこれでOK!夏はBAKUNE DRYがよいですよ。

BAKUNEとBAKUNE DRYの違い

生地の違い

綿混のBAKUNEはパーカー生地に似ています。裏面はパイル生地(タオルのように丸いループ状の糸が織りだしてある)になっています。天然素材ならではのほっとする肌触りで暖かいですが、逆に夏は暑くて着れません。

↓綿混のBAKUNEの生地(裏側)はパイル生地

↓BAKUNE DRYの生地(裏側)はつるつるさらさらして、汗がすぐに乾くようになっており汗をよくかく夏に向いています。この製品はオールシーズン着ることが可能です。(冬はインナーとして着用することが可能です。)ただ、BAKUNEと比べてBAKUNE DRYは生地があまり伸びない素材となっています。ですので、着用するときのことを考えると、やせ型~標準体型の人は公式ホームページの推奨サイズを選び、ワンサイズ下げることは控えた方がよいと思います。標準体型よりがっしりされた方はワンサイズ上げてください。

 

生地の厚さを見てみると一目瞭然。BAKUNEと比べるとBAKUNE DRYはかなり薄いですが、生地自体は薄すぎるということはなく、わりとしっかりした生地です。

首回りの違い

↓写真のBAKUNE DRYはMサイズでBAKUNEはLサイズですが、BAKUNE DRYはワンサイズ小さいのにもかかわらず首回りがずっと大きな作りとなっています。

つまり、BAKUNE DRYは首回りを大きくして熱を逃しやすいようになっています。逆にBAKUNEは首元がつまっており、熱を逃しにくい構造となっています。

BAKUNE DRYは夏に向いており、BAKUNEはそれよりも寒い季節に向いています。

mimi
BAKUNEは綿混なので保湿性があり、あたたかです。でも初夏に近づき暑く感じたので、BAKUNE DRY(半そで)を夏用に購入しました。

 

綿混のBAKUNEの首回りについて注意点

BAKUNEは細身~標準体型の人用にできているので、標準体型よりがっちりされた方はサイズをワンサイズ(人によってはツーサイズ)上げてください。標準体型よりがっちりされた方からは首回がきついという声もありました。私自身は痩せ型なのでまったく問題にならないのですが、ここを気を付けてください。BAKUNE DRYは首回りがゆったりしているのでこうした首回りの問題はないと思います。

↓これは175cm(55kg、BMI18.5未満)の痩せ型男性(夫)が推奨サイズのLサイズのBAKUNEを着用したところです。痩せ型の人だと首元は全く問題がありません。標準体型の方も大丈夫でしょう。首が標準より太い方はワンサイズ上げることをお勧めします。

 

mimi
BAKUNE DRYは首元がゆったりしているので心配しなくても大丈夫!

ロゴの刺繍(注意点!)

BAKUNEはロゴが刺繍で、BAKUNE DRYはプリントです。どうでもよいと思われるかもしれませんが、実は刺繍のロゴが痛いという方がいらっしゃいます。私もそうでしたが、対応策があります。

それは、生地裏の刺繍台(白い紙のようなもの)を自分で手で破ることです。本来取り払われるものが、なぜかBAKUNEにはくっついたままになっているので、手でやぶいてください。私もそうしました。

↓BAKUNE DRYはロゴがプリントなのでこうした問題がありません。

男女兼用 VS 女性用

BAKUNEはユニセックスで男女兼用のものだけですが、BAKUNE DRYには男女兼用の商品のほかラインがきれいな女性用が2022年6月から発売されています。きれいめが好きな女性は女性用のBAKUNE DRY LADIESを選ぶとよいでしょう。

mimi
私は女性用が出る前に男女兼用のBAKUNE DRYを購入しました。男女兼用はラインが直線ですが、女性用は女性の体に沿ったカーブが素敵ですよ。ちょっとうらやましいです(笑)痩せ型~標準体型の女性はこっちの方がラインがきれいで女性らしくみえますよ。色も初めてピンクがでています!

BAKUNEとBAKUNE DRYの違いのまとめ

  • BAKUNEは綿混素材で保湿性があり暖かい。BAKUNE DRYは化繊で速乾性に優れている。
  • BAKUNEは首元がつまっている。BAKUNE DRYは熱を逃がしやすいよう首元が大きく空いている。
  • 特殊繊維によるリラックス効果、疲労回復効果などは変わらない。
  • BAKUNEは夏以外、BAKUNE DRYは夏向き(ただし、BAKUE DRYは年中着用できる)
  • BAKUNE DRYは半そでもある、また、男女兼用の製品だけでなく女性専用がある

BAKUNEまたはBAKUNE DRYの購入先

TENTIAL公式ホームページは他のECサイトより割引率が高く、色々特典がつく(季節によって変わる)のでおすすめです。です。ただ、売り切れの商品が他のECサイトより多い印象があります。特に季節ものは予約販売になることもありますので早めの購入をおすすめします。

特典があってオススメ!

TENTIAL公式ページ

BAKUNEシリーズのリカバリーウェア

mimi
私は最初に購入した際に次回15%off になるクーポン券をいただきました!Amazonのアカウントがあれば住所入力しなくても支払いができますし、二回目の購入時もクーポンコードが自動で入力されていてとても楽でした!

私もBAKUNE DRYを予約販売で購入しましたが、予定日より早く到着しました(待ち時間は1週間でした)。

他のECサイトで購入した方

綿混のBAKUNE(男女兼用、春秋冬用)

BAKUNE DRY(夏に適している)
【長袖:男女兼用】

【半そで:男女兼用】

BAKUNE DRY LADIESはこの時点では反映されていなかったので、これらのECサイトでみつけられなかった場合は公式サイトの方をご覧ください。

mimi
どちらも着心地がよく遠赤外線増幅効果がある特殊繊維のおかげでリラックス効果がありよく眠れます!夏とそれ以外の季節用で購入しましたが、この記事を書いたときは初夏なので専らBAKUNE DRYを着ています!8年以上他社製品も含めリカバリーウェアを愛用していまさすが、着ているときと着ていないときの差がありすぎて、私はこれがないと生きてけません。よい睡眠を得られると明日の活力が違いますよ!

-リカバリーウェア, 買ってよかったもの
-, ,

© 2022 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5