投資信託Q&A

【用語の解説】日経平均(日経225)、TOPIX、JPX日経400って何?ざっくり知っておけば大丈夫!

日経平均(日経225)、TOPIX、JPX日経400の用語の解説です。

mimi
投資信託選ぶ際は、ざっくりと特徴を知っていれば大丈夫ですのでさらっと読んで、だいたいこんな感じ!とイメージを頭にいれておけば大丈夫ですよ。

(詳しい算出方法は特にここでは書いていません。この部分でマニアックになってもならなくても投資成績は変わらないので安心してください。)

 

■日経平均株価指数


①東証1部の上場企業の中から、日本経済新聞社が選んだ225社の株式価格を平均した指数のことです。
トヨタ、NTT、ファーストリティリング、ソニーなど誰もが聞いたことのある企業が入っています。

②日経平均は、「株価」だけが算定の対象で、単位は「円・銭」。基本的には、「株価の合計÷銘柄数(225)=単純平均」に近い指数となっています。

③225社と銘柄数が少ないので、株価が大きく動く銘柄が入っていれば、日経平均の値動きも激しくなります。 

 

■東証株価指数(TOPIX)


①東証市場第一部に上場する国内株式全銘柄(2018年3月時点では2,079社)を対象とする株価指数です。

②日経平均と違い、TOPIXは株価と株数を掛け合わせた「時価総額」方式を採用していて、単位は「ポイント」です。

③電気機器や輸送用機器、情報・通信、銀行等の比較的時価総額の大きい業種の影響を受けやすいという特徴があります。

 

■JPX日経400

①日本取引所グループ(JPX)とその傘下の東京証券取引所、そして日本経済新聞社が共同で開発した比較的新しい株価指数です(2014年1月6日に公表)。

②過去3期以内に債務超過になっていないか、営業赤字がないか、3年平均ROE(株主資本利益率)が悪くないか、企業内統治(ガバナンス)がちゃんとされているかなどの基準をもとに、「投資者にとって投資魅力の高い会社」400社が選ばれています。

③毎年1回、「定期見直し」で8月末に構成銘柄の入れ替えが行われます。

④日経平均が東証一部の225銘柄のみを対象としているのに対し、JPX日経400は東証1・2部に加え、ジャスダックやマザーズの銘柄も対象としています。

(ただし、2019年3月現在はほとんどが東証一部の銘柄で占められています。東証一部395銘柄、マザーズ1銘柄、ジャスダック2銘柄)

 

mimi
JPX日経400は財務分析をしっかりやっていて「なんか日経平均やTOPIXより成績よさそう!」と思えます(少なくとも私は読んだときそう思いました)が、実際の投資になると話は違ってきます。

2019年までの実際のリターンもぜひ確認してみてくださいね↓

OPIX,日経225、JPX日経400はどれをえらべばいい?
投資信託選び:JPX日経400、日経平均、TOPIXで悩んでいる方に各ファンドのリターンをチャート付きで解説!

日本株のインデックスファンドを選ぶ時に連動させる指数をTOPIXと日経平均どっちにしよう?しかも、何この JPX 日経400って???結局何を選べばいいの?と混乱しますよね。   そんな方の ...

-投資信託Q&A
-,

© 2021 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5