王道の節約 貯蓄アップの大原則

【必須】お金が貯まる理由は節約の仕組化にあった!楽して貯蓄アップを叶える4項目とは!?

がんばってもがんばっても貯蓄ができない。
どうしてなの!?

 

と悩むあなたに超カンタンかつがんばらなくていい「節約の仕組み化」をお勧めします。

 

節約の仕組み化とは文字どおり「節約の仕組みを作ってしまうこと」です。

 

うさみ
すごく簡単なことばかりで全部やりました。
そしたら貯蓄アップしました!

 

ラクラク自動節約を叶える節約の仕組み化の4項目

節約の仕組み化には

①「勤務先の財形貯蓄制度で先取貯蓄」
②「固定費の削減」
③「クレジットカードやウォレットアプリを利用して買い物代金の数パーセントのキャッシュバックをいつもゲット」
④「保険や国民健康保険の一括払い」

があります。

 

この節約の仕組み化は毎回がんばらないといけない食費の節約とは違い、一度してしまえばそのあとずっと節約効果が続きます。

 

mimi
もし、下に書かれていることをしていなかったらぜひ取り入れてくださいね。

 

では詳しくみていきましょう。

 

①勤務先の「財形貯蓄制度」で先取貯蓄。嫌でもお金を使えないようにする。

これは使えるお金は全部使ってしまうという方にお勧めです。

目的別に一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3つがあります。
一番自由度が高い一般財形貯蓄でさえ1年以内の払い出しはできなくなっています。

 

お金を使いたくても使えない状態にしてくれる強力な仕組みです。

 

また、生活口座とさえ分かれていれば貯蓄に手をつけないという方で、自分で目的別口座にキープしたいという方は他行からの自動振り込みサービスを提供している銀行を利用するのもオススメです。

 

mimi
私は住信SBI銀行に口座をもっていますが、他行からの自動振り込みもできて、貯蓄口座として使用するのにぴったりですよ。
SBI証券ともリンクできるので、投資信託も買うときにお金を自動振り替えしてくれて一石二鳥なのです。

 

②固定費の見直し&削減は節約効果が大きい!

mimi
固定費を削減しただけで年間20万円以上を節約することができました。
貯蓄アップのためにまず取り組むべきなのが固定費の見直しなのです。

 

固定費とは一定額で発生する費用のことです。
その中でも見直しの対象となり、見直し効果が大きいものは

住宅費(家賃)
住宅ローン
保険料
スマホ代
習い事代
アプリなどの継続した課金サービス

 

中でも人生の3大支出といわれる住宅費と保険料を見直しましょう。

 

mimi
3大支出の他にも、家計を圧迫するスマホ代は必ず見直してください。月5000~8000円を払っている方ははっきり言って払い過ぎです。
お金で悩んでいるのであれば月額3000円くらいの格安スマホに乗り換えましょう。

 

③クレジットカードやウォレットアプリを利用して買い物代金の数パーセントのキャッシュバックをいつでもゲット

クレジットカードなどのキャッシュレス決済のいいところは、買い物代金の数%をポイントなどで実質キャッシュバック(またはポイント付与)してくれることです。
お金を使いすぎてしまう人はクレジットカードではなく、あるだけ分のお金しか使えないプリペイドカードやウォレットアプリを使うといいでしょう。

 

mimi
私は今(2018年)、街中の買い物では3%以上のキャッシュバックを受けられるように設定しています。 送金・決済に対応したウォレットアプリ「Kyash」(買い物代金の2%をキャッシュバック)に1%以上のポイントがつくクレジットカードを紐付けて実質3%以上のキャッシュバックが受けれるようにしています。

 

2019年10月から消費税が10%にあがると聞いてがっがりしましたよね。
現金だけの生活だけでは増税の影響をもろに受けてしまいます。

 

今まではクレジットカードを使ったキャッシュレス決済はお得ですよとお伝えていましたが、消費税が10%に上がることでカードを含むキャッシュレス決済は「生活防衛」のための必須項目となりました。

 

3%のキャッシュバックをしてくれるキャッシュレス決済で合計100万円の支払いをしたら、3万円もプラスでもらえます。
100円だとたったの3円ですが、100万円単位で考えると大きな額になります。

 

カードに申し込んだり、アプリとカード紐付けるなどの作業を最初にしてしまうだけで後はずっと数パーセントをキャッシュバックしてくれるのでラクでお得です!
しかも消費税アップに対抗してくれる心強いサービスなのです。

 

④保険料や国民年金は一括払いがおトク


もし保険料や国民年金を月ごとに支払っているのであれば、一括払いすることによって節約できます。

 

例えば、Zurichの医療保険で試算してみましたが、毎月3560円の保険料を支払っている方が年払いに変えると年間1540円が割り引かれます。
プチ豪華なランチ代くらいですね。

 

額が大きいのが国民年金の口座振替2年前納です。
2年前納とは2年間分を一度に支払うということです。
2018年のひと月あたりの国民年金額が16,340円。
一括払いに必要なお金は16340円×24か月=39,2160円と40万円近くなりますが、なんと合計で15,650円も割り引いてくれるのです。

 

一括払いは額が大きいので必須ではありませんが、資金に余裕のある方は「国民年金の口座振替2年前納」が断然お得です。

 

mimi
いかかでしたか?
一度見直して手続きすればあとは自動で節約できる節約の仕組み化。がんばらない節約で貯蓄アップを目指そう♥

-王道の節約, 貯蓄アップの大原則
-,

© 2021 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5