写真で稼ぐ

室内撮影にストロボを2灯使ったら写真の表情がより豊かに!その写真と撮影風景を公開。Canon スピードライト430 EX III RTとGodox Ving V850IIを連携して使用。

ストロボ2灯を連携して使った場合の写真の撮れ方をご紹介します。

mimi
こんにちは。フォトストックで副業をしているmimiです。よりよい写真を投稿するために日々カメラの勉強をしています。今回はストロボを複数(2灯)使った多灯撮影をするとこんな写真ができるよ!というのをお伝えします♥

1灯のみを使用した場合と写真の表情が本当に違ってきますよ。色んな角度からストロボを照射してみました。

今回の使用ストロボ

①Canon スピードライト430 EX III RT

②Godox Ving V850IIの2つです。

キャノンとGODOXを連携して使うにはGODOXのトランスミッターと受信機が必要となります。

比較写真(ストロボ無しで撮影)

ちなみに今回の被写体はタイで人気の美容茶バタフライピー茶です。写真補正ソフトによる補正は一切していません。

下は比較のための写真です。左側の窓から差し込む自然光のみで撮影しています。

 

ストロボ1灯のみを使用した写真

ストロボだけの効果がわかるよう、自然光をシャットアウトして撮影します。
まずはストロボ1灯を使用します。

右側のストロボを使います。

 

真横から照射。左側からの光がないので、影が濃くでます。

 

斜め後ろから照射

 

ストロボを2灯使用したときの写真

次はストロボを2灯使用したときの写真の撮れ方をみてみましょう^^

左側:天井に向けて照射(天井バウンスというテクニック)右側:斜め後ろから照射

すると、こんな感じ。2灯で撮影すると明るいですね!

 

左側:真横、高めの位置 右側:斜め後ろ、高めの位置からストロボを照射

午後のお茶タイムっぽくなりました。

 

次はストロボに丸形のソフトボックスを装着して使います。光を拡散してくれます。

すると、光がまろやかに。

いかがでしたでしょうか。

一年間ストロボ1灯でがんばりましたが、やはり限界を感じて2灯目を購入しました。2灯だととても自然光が入らない部屋でもイイ感じに撮れますね。今回は真っ暗な中で撮影しましたが、ストロボ1灯のみのときは2灯目のストロボの代わりに自然光をうまく利用してください。私も1年間は自然光+ストロボ1灯でがんばりました。

 

mimi
私はキヤノンユーザーなので1灯目はキャノンの純正ストロボを購入しました。2灯目は冒険して低価格のサードパーティー製を購入しました。現在この二つをミックスして使っています。

今回使用した製品

↓ストロボ:Canon スピードライト430 EX III RT(本記事の最後にレビュー記事をリンクしてあります。)

created by Rinker
キヤノン
¥30,127 (2021/06/24 19:15:46時点 Amazon調べ-詳細)

↓ストロボ:Godox Ving V850II(中国の会社のストロボです。低価格で使いやすいです。)

↓GODOX Xpro-C ラッシュトリガー Canon対応(ワイヤレス遠隔撮影の指令塔の役割を果たします。これがないと命令をだせません。)

↓GODOX X1R-C 32 チャンネル TTL 1/8000s 無線リモートフラッシュ受信機(キャノンEOSカメラ用。私の古いEOS Kiss X7も対応しています。これをキャノンのストロボに取り付けます。)

mimi
この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

Canon スピードライト430 EX III RTに興味のある方用の記事

↓↓↓リモート撮影のときにストロボをストレスなく保持する道具(ブラケット)についての記事

-写真で稼ぐ
-, , ,

© 2021 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5