写真で稼ぐ

PIXTA4年目の2021年コロナ禍2年目の収益を報告。どんなテーマが売れているか?初めて月1万円を超えた年。

売れないで有名なPIXTAの4年目(PIXTAを始めてから2年半~3年半)の売り上げを報告します。どのようなテーマで売れたかも実際のコンテンツを表示してご紹介します!

mimi
こんにちは!倹約リッチのmimiです。4年目のPIXTAの売り上げの報告をします。

現在のコンテンツ総登録数は写真が2770枚、イラスト603枚です。月に約100枚ほどアップロードしています(忙しくてできない月もありましたが。。。)

 

過去の売り上げと2021年の売り上げ

まず、「売れない」で有名なPIXTAの私の過去の売り上げをみてみましょう。

PIXTAを始めた半年間は売り上げゼロ(涙涙涙)。
その一年後(2年目)の年間売り上げは約5000円(少ない!)
3年目は約2万円(前よりましに。)
4年目は751.48クレジット(1クレジット=110円)を獲得し、約8万円ほどの売り上げとなりました。(前年比約4倍の売り上げとなりました。)

下は2021年の月別の売り上げ表です。

獲得クレジット
単品 定額制 合計クレジット
2021年1月 31.24 11.27 42.94
2月 11.66 11.27 22.93
3月 13.42 16.24 29.66
4月 54.56 20.76 75.32
5月 14.52 15.59 30.11
6月 14.52 32.09 46.61
7月 14.21 24.71 38.92
8月 41.50 22.81 64.31
9月 58.50 23.21 81.71
10月 78.50 30.64 109.14
11月 57.50 23.98 81.48
12月 100.25 32.57 132.82
合計 490.38 261.10 751.48

過去一年のダウンロード数が単品103枚、定額制667枚(単品換算133枚)でした。月の順位の範囲は500番台~900番台でした。累計の順位は3023位で、去年より1000番繰り上がりました。

 

mimi
4年目にして初めて1万円を超える月(黄色マーカー部分)が2回ありました!

 

他の投稿者さんもおっしゃっていたのですが、単品の売り上げが良いと全体の売り上げがよくなりますね!

 

4年目にようやく月1万円ってどんなけ売れないんだPIXTA!と思いますが、写真やイラストが好きなら趣味で続けて少しずつ売り上げを増やしていけるということですよね!ですから、写真好き、イラスト好きな方はぜひ続けていってください。やめるともったいないです。(もちろん、Adobe Stockを主に並行してやっていってください。PIXTAだけでは心もとないです。)

 

mimi
自分でもこんなに売れないのによく3年半もがんばったと驚いています。ランクもようやくランク2となりました。

 

コロナ2年目で経済が正常化していませんが、それでも売り上げが伸びてよかったです。でも一方で、コロナで「売り上げがすごく減った」という声もあります。PIXTAは主に日本を市場としているので、マーケット自体は狭いですよね。その中で売り上げを上げているのはやはり大変なことだと思います。

 

コロナ2年目はどのようなテーマ、コンテンツがPIXTAで売れたか

私は人物を撮らず、モノや風景、植物を撮影しています。たまにイラストも描いています。人物を撮らない人は売り上げを上げにくいのですが、その中でもどういったテーマでどのようなコンテンツが売れたかをご紹介します。

 

よく売れたテーマは、食べ物、環境、不動産、省エネ、背景イラスト、投資、社会問題(年金、いじめ、差別)、植物などです。反対に、去年と同じく特に海外の観光用風景写真が売れませんでした。世相をよく表しているなと思います。よく売れたテーマについてはPIXTAのPR写真を使って説明しますね。

 

↓投資:コツコツ投資のイメージ(投資への関心はとても高いといえます!)

77329974

 

(c)mimi@TOKYO - 画像素材 PIXTA -

 

↓社会問題:ドメスティックバイオレンス(モラハラ夫(妻)いますよね!)

75226213

 

(c)mimi@TOKYO - 画像素材 PIXTA -

 

↓食べ物:カレーのスパイス

81207791

 

(c)mimi@TOKYO - 画像素材 PIXTA -

食べ物は初心者の人にとっても撮りやすい被写体ですが、どのようなアングルで写真が撮られているか一度PIXTAで検索してから撮影するといいと思います。屋内撮影ではストロボなどの照明器具を使うといいですよ。自然光の暗い写真が多いので、明るく撮れればライバルと差がつきますよ。最近は中国製のGODOXなど安価でも性能の良いストロボがあります。私はキャノンのストロボを2灯買う予算がなくて1灯はGODOXにしました。

↓私が使用しているGODOXとキャノンのストロボ(最低2灯使用するのがオススメ。過去記事を本記事の一番下に載せておきます。)

 

↓不動産の金利。経済ニュースが大好きで毎日みていますが、そこからヒントを得ました。

74814592

 

(c)mimi@TOKYO - 画像素材 PIXTA -

 

環境のテーマ:トランプ米大統領が落選して、世の中は一気にエコへ向かっています。

78978866

 

(c)mimi@TOKYO - 画像素材 PIXTA -

 

コンテンツのネタの探し方

PIXTAではこんなテーマで作ってくださいというメールがきますので、まずはそれを見るとよいと思います。(私は過去にPIXTA提案のテーマはあまり売れていないので、自分で勝手にテーマを探しています。)私はがよく利用するのは、Adobe stockのインサイト(売れている人のコンテンツがみれる)です。

 

mimi
あとは、テレビ!テレビはネタの宝庫です。

 

何が売れているかや、社会問題、環境や技術などの大きなテーマもよくわかります。なので、なるべくニュースは見るといいと思います。私は経済ニュースが大好きなので、そこからいろいろヒントをもらっています。また主婦系の番組(何が売れているかのランキング)もヒントになります。売れ筋の健康・美容に良い食べ物なんて視線が釘付けです。テレビが嫌いな方は雑誌などでもよいと思います。

 

不動産や投資、美容健康などお金が大きく動く分野なのでねらい目だと思います。社会的に大きな関心をあつめているテーマやコロナ禍でも盛況な業界に関連したコンテンツもよく売れると思います。とにかく、好奇心をもっていろいろ見てみてください。過去にはスマホニュースのサムネイルも参考になると書きましたが今でも参考にしています。

 

趣味を大切に!好奇心がコンテンツを作る。

ストックフォトで写真が撮れなくなる理由として、「ストックフォトで稼いで元をとろう」という考えがあります。でも私の過去の売り上げをみて元をとるのは何年も後になりそうですよね。また、ストックフォト自体が飽和状態なのですぐに稼ぐのは難しいと思います。

 

先ほど、カレースパイスの写真を食べ物の例として挙げました。「スパイスを撮って稼ごう」だとすぐにお金が回収できずに心理的に打撃があります。そして、「稼げないからやめよう」となります。ですが、「スパイスカレーがどうしても作りたい。ついでに写真もとれるから一石二鳥!」と考えれば、なんだか得した気分になります。(実際スパイスカレーはとてもおいしく、毎週作って食べています。)私はこのように行動して、食べ物の場合は元の値段の何倍(最大25倍)もの売り上げになることもあります。

 

また、ストックフォトをしている人をみていると、写真や旅行が好きな人が多いなと思います。旅行が好きだし、写真が好きだからたくさん撮ってアップロードします(今はコロナでいけませんが)。でもストックフォトで稼ぐために旅行に行っていたら旅行自体がつまらなく写真だって嫌になるはずです。思考の向きが逆だとつらくなると思います。同じ売り上げでも考え方によって感じ方が違ってきますね。

 

基本的に趣味として位置付けると長く続くと思います。稼ごうと思ってもPIXTAはその思いに応えてくれるわけではないので・・・(ちょっと暗くなってすみません。)

 

PIXTAの売り上げの鍵の単品を売るには

単品の売り上げが全体の売り上げを左右します。単品を売るための戦略というよりは、単品を買う人はどういう人を考えてみたいと思います。

 

複数のイラスト系の投稿者さんがブログでおっしゃっていたことですが、ベクター画像は単品が売れず、定額制でしか売れないと言っていました。

 

mimi
私もベクター画像を販売しているので、2021年のコンテンツを調べたところ、ベクター画像は全部定額制で売れていました。

 

つまり、写真やイラストでもjpeg画像のほうが単品で売れやすいということです。

 

ベクター画像を買う方は、イラスト系のソフトを扱えるプロの方かPR用に画像を大量に使用する会社が考えられます。この方たちのPIXTAとの契約プランが投稿者にとってはあまりうれしくないプランとなっています。

 

なので、イラスト系ソフトが扱えない人や、宣伝用に単品をたまに購入する会社に向けて作ると単品の売り上げにつながるのではないかと思います。

まとめ

・PIXTA4年目の売り上げは約8万円で前年度比4倍

・初めて月1万円を超えた

・単品はベクター画像よりjpegが売れやすい

・ネタに困ったときはテレビやスマホニュースを

・稼ごうではなくついでに写真を撮ろうの精神も大事

・売り上げは年々整数倍で上昇

 

 

mimi
いかがでしたでしょうか。「PIXTA売れない」の検索ワードでこのブログにたどり着く人が多いです。3年半投稿してこの金額は少なすぎると思うか、趣味でやっていってお小遣い稼ぎになりそうだと思うかは人によって違うと思いますが、また1年後に2022年の売り上げの報告をしますね!Adobe Stockの2021年の収益報告もできましたので、よろしければ読んでみてください。一緒にがんばりましょう!

関連記事

↓Adobe Stock3年目(2021年)の売り上げ

↓Adobe Stock2年目の2020年の売り上げ、コロナ渦でどうなった!?

↓Adobe Stock1年目の2019年の売り上げ、初心者はどのようにたちまわったか?

PIXTA過去記事

↓PIXTA3年目(この記事の1年前)の売り上げ記事

↓PIXTA2年目の売り上げ記事

 

ストロボの2灯撮影の記事

↓照明の大切さを知る

 

 

 

-写真で稼ぐ
-, , ,

© 2022 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5