写真で稼ぐ

【ストックフォト】2019年から始めたShutterstock(シャッターストック)はまだ間に合う?登録枚数13枚目で初売上!その後の1か月の売り上げ高も公表。

2019年からフォトストックを始める人はかなりのレイトカマー(遅い参入者)で、フォトストックは飽和状態だからもう売れないんじゃないかと思っていませんか?2019年から始めたShutterstock(シャッターストック)の売り上げと写真の登録状況を記事にしました。

 

mimi
他の方のブログで「Shutterstockは売れやすい」という記事を読んだ方もいらっしゃっるのでは?

 

でも、その記事の多くが数年前にアップされたものが多く、2019年から始めても「Shutterstockは売れやすい」のか?と疑問に思っていました。実際始めてみて、「売れるよ」ということと、どんな写真が売れているのかをお伝えします!

 

2019年だけど登録枚数13枚目で初売上

Shutterstockの登録は1月末から始めましたが、英語でのタグづけや新しいサイトで慣れなかったこともあって11枚登録して2週間放置しました。
そして2月13日に、気まぐれで写真を2枚アップしました。

 

mimi
で、また放置(笑)。

 

やる気がおこらず「Shutterstock」はやらないとこうと思っていました。

 

その2週間後、1枚目の写真があっさり売れてしまいました。

 

13枚しか登録していなかったのにです。

 

mimi
びっくりしました。

 

13枚目に売れるってすごいことです。(「売れない」と言われるPIXTAでは、登録を始めて7カ月目に登録写真枚数が約120枚くらいのときに初めて1枚目が売れたので驚きの数字です。)

 

mimi
もしかして初心者にやさしい!?と思ってしまいました。

 

フォトストックも今では競合する会社が多いので、もしかしたら初心者にもたくさんアップロードしてほしくて初心者にも売れやすいアルゴリズムを採用しているのかも!

 

mimi
あくまで推測ですけど。

 

「Shutterstock、13枚目に売れるなんてすごい!」とやる気になりその後、1か月半で200枚ぐらいまで登録枚数を増やしました。

 

初めて売れた写真は季節はずれのバレンタインチョコレート

2月末にも関わらずバレンタイン用のチョコレートの写真が売れました(下の写真)。

(便宜上、PIXTAの私のPR写真で紹介します。)

季節ものは3か月前からアップロードするのがお決まりですが、もともと手持ちの写真が少ない私はそんなこと言ってられません。でも売れました。

 

mimi
不思議です!あとチョコレートは競合がすごく多いので意外でした。実はその後も別のチョコレート写真が売れました。

 

購入してくれた方はジョージアという国の人です。

 

mimi
海外の方に自分のセンスで撮った写真を購入してもらえてうれしかったです。

 

国際市場を持っている会社は売れやすい

私はPIXTAという日本の会社のフォトストックから始めましたが、この会社は2019年3月現在は国内市場のみがターゲットです(今後は海外展開を始めるそうですが)。人口が減っている日本のみで売り上げをあげるのは難しいです。

 

mimi
でも、世界中にお客さんがいたら・・・・!!!

 

国際市場をもっている会社は買い手も多くなるので、売り上げのチャンスが増えます。

 

初売上後の1か月の売り上げ

2019年3月末時点での写真登録数は約200点で、決して多くはありませんが、初売上から1か月間に写真は12枚売れました。
海外の方が圧倒的に多いです。

Shutterstockの初売上とその後1か月の売り上げ(2019年)

 

売れている写真の傾向

初売上があってからまだ1か月しか経っていないので断言できないのですが、私の場合は、売ることを意識して狙って撮った写真がすべて売れています。そしてそれは9割が食べ物の写真です。

 

花単体や風景の写真はまだ全く売れていません。

 

フォトストックをしている方で「何気なく撮った写真が売れた」という方結構いますよね!私の場合はそういったことが今のところ全くありません(涙)。

 

では、売れた写真を実際にみていきましょう。
またまた、PIXTAのPR用写真を使いますが、ご了承ください^^

 

①桜シリーズ(桜+食べ物)

フォトストックを3年されている先輩ブロガーさんもおっしゃっていましたが、「桜+モノまたは食べ物」の組み合わせは売れるそうです。

 

季節的にあっていたこともありますが、12枚ダウンロードされた写真の中で半分が桜関連の写真です。

 

例えば、こんな感じです。「桜+和菓子」の組み合わせ。

 

「桜+食べ物またはモノ」シリーズは日本の方以外に、アメリカやマレーシアの方にもご購入いただきました。

 

②食べ物がよく売れる

家で作った羽根つき餃子。韓国の方にお買い上げいただきました。このほかにも、自分で作った料理が何度か売れています。

 

もちむぎ。パキスタンの方にお買い上げいただきました。「もちむぎ」ってパキスタンにもあるのでしょうか?

 

気になる売上高

ただ、売れるといってもShutterstockは単価が安いことで有名です。

 

12枚売り上げても売上高はたったの5.25ドル。525円ほどです。

 

mimi
う~ん。少ない(笑)。

 

先輩方がおっしゃるとおり、ほどんどが定額制でのダウンロードで、値段は1枚0.25ドル(1ドル100円で計算すると25円)と低いです。単品買いもありましたが、それでも1枚180円くらいです(PIXTAやAdobe Stockと比べると単価が低いです)。

 

なので、数を売る必要があります。
そうするには、登録枚数をもっと増やしていかないといけないですね。

 

ただ、1か月で10ダウンロード以上あったのはとてもうれしかったです。売上があるとモチベーションも上がります。

 

mimi
これからフォトストックを始める方は単価の高いAdobe Stockもあわせて登録するといいですよ。ShutterstockもAdobeも同じ写真を登録してもOKです。売上のチャンスを増やしましょう。

 

まとめ

まとめ

Shutterstockは登録枚数が少なくても売れる。2019年から始める人でも売れる。

(今のところ)食べ物がよく売れる。

単価が低いのが欠点なので、他のフォトストックも併用して売り上げを伸ばそう。

 

mimi
私は登録枚数がまだ200枚台で少ないですが、それでも1か月で10ダウンロード以上ありました。少し勇気をもってもらえたのでは?と思います。フォトストックの先輩たちも2~3年続けて収益化されているので続けることも大切ですね。少しでも参考になれば幸いです♥

 

シャッターストックコントリビューター(フォトストック寄稿者)アカウント作成画面(登録画面)を載せておきます。:https://contributor-accounts.shutterstock.com/login?hl=ja

2021年:追記 シャッターストックに関する重大なお知らせ

2年後の追記になります。

mimi
残念なお知らせになります。

シャッターストックは2019年は写真を売りやすい会社でしたが、2020年6月にコントリビューターの報酬の大幅なカットを行い一番売上にくい会社になってしまいました。コントリビューターの落胆と怒りはすさまじく、特にハイクオリティの作品の投稿数がかなり減っているようです。一枚がほぼ10円で売られるようになりました。レベルがアップしても状況はほぼ変わらない状況です。

詳細は一番下のリンク記事に書いてありますので、興味のある方はご覧ください。

 

審査の通りやすさ
Adobe stock、PIXTA、Shutter Stockの写真審査の通りやすさの比較【フォトストック比較】

大手フォトストックのAdobe Stock、PIXTA、Shutterstockの写真審査の通りやすさを比較しました!   結論から言いますと、技術面の点からいうとshutterstock→ ...

1年の報告
Shutterstockの2019年一年の売り上げ傾向
【2019年】Shutterstockを初心者が1年続けた結果の売り上げとよく売れた写真の傾向を振り返る。売れた写真も公開!日常感覚の写真が一番売れるストックはここ。

2019年にフォトストックの一つの shutterstock(シャッターストック) への写真投稿を始めた初心者mimi の1年間の売上と傾向を振り返ります!これから始める方の参考になれば幸いです^^ ...

残念すぎ
【改悪】シャッターストックの報酬引き下げで全員がレベル1に!?収益が減った人続出。ベテランコントリビューターも激怒する報酬額の引き下げ

すでに大きなショックを受けている方もいらっしゃると思いますが、2020年に6月にフォトストック 大手のシャッターストック(shutterstock)はロイヤリティの実質的な大幅な引き下げを行いました。 ...

-写真で稼ぐ
-,

© 2021 誰でも倹約リッチ|貯蓄アップのためにできるお金のこと Powered by AFFINGER5